歯科と持病のこと

抜歯をすすめられたら相談を

歯科医院で抜歯を勧められたら

虫歯であれ、歯周病であれ、歯の状態によっては歯科医院で抜歯を勧められることもあるかもしれません。状態や部位によっては歯を抜いてインプラントにする方がいいこともあります。しかし、持病をお持ちの方はかかっている歯科医院と持病の治療をしている医院の双方に自分の状態を相談することが先決です。例えば、脳梗塞や心筋梗塞などの持病のある人の場合、血液が固まらないように抗凝固剤という薬を飲んでいる可能性があります。かかりつけ医は「血液サラサラのお薬」と説明しているかもしれません。このお薬を飲んでいる人は血が止まらない可能性があります。抜歯で血が止まらなくなり、大変なことになるかもしれないのです。そのため、持病のある人は相談することが大切なのです。

歯科の自由診療は相談をしてから

歯科の自由診療は、価格がまちまちなので、実際に問い合わせをして、価格を比較してから治療を行うようにした方が良いのです。相談をしてみれば、治療費も一緒に教えてくれるので、比較しやすいのです。治療費の幅がとにかく大きいので、高い所で治療をしてしまうと無駄に払う事になるのです。歯科によって数万円の開きが出る事もあるので、手間を掛けても安い所を探すべきなのです。インプラントやセラミックを希望しているのであれば、なおさら比較しないといけないのです。損をしない為にも相談をして治療費を確認する事が大切なのです。

↑PAGE TOP